木造阿弥陀如来立像 もくぞうあみだにょらいりつぞう

木像 / 平安 / 北海道 

北海道
平安時代
檜、寄木造
高さ96㎝
1
光善寺 松前町字松城
松城バス停より徒歩13分、松前町教育委員会 0139-42-3060。
光善寺
北海道指定有形文化財

・阿弥陀如来立像は、高さが96センチメートル、檜材を用いた寄木造りの漆箔押で、舟型光背と蓮華三重座(蓮台)とからなっています。
・像は、状態をやや前方に屈し、右手を挙げ、左手を垂下しています。螺髪は細かく彫られ、顔の輪郭は丸く、目は三日月形に細長く伏目がちで、衣の刻みは浅く丸味をもった長い曲線であることの特徴から、平安時代末期の作といわれています。
・像を所有する浄土宗高徳山光善寺は、天正3年(1575)に建立され、当初は高山寺と称していましたが、慶長7年(1602)に光善寺と改称しました。京都知恩院の末寺になります。

関連リンク

  • 北海道(地方指定文化財)

木造阿弥陀如来立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

不動明王立像
木造日蓮聖人坐像
徳山大神宮
釈迦如来立像
木造地蔵菩薩立像
ページトップへ