絹本著色春靄起鴉図〈岡田半江筆/〉 けんぽんちゃくしょくしゅんあいきあず

絵画 / 江戸 / 関東 

岡田半江
埼玉県
江戸/1841
1幅
埼玉県比企郡川島町大字白井沼675
重文指定年月日:19790606
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人遠山記念館
国宝・重要文化財(美術品)

岡田半江(一七八二/天明二年-一八四六/弘化三年)は江戸時代後期の文人画家【ぶんじんがか】で、本図の描かれた天保十二年は半江六十歳で晩年にあたる。図上の賛によると本図は、中国明【みん】時代の文人画家董其昌【とうきしよう】の「暁靄起鴉図【ぎようあいきあず】」にならって描いたものという。筆致と構図を繊細に整え、洗練さを加えた画風は後期文人画の特色をよくそなえたもので、半江の代表作にあげられる。

作品所在地の地図

関連リンク

絹本著色春靄起鴉図〈岡田半江筆/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本淡彩山中結廬図〈浦上玉堂筆/寛政四年の自賛がある〉
紙本墨画淡彩富嶽列松図〈与謝蕪村筆/〉
紙本著色布晒舞図〈英一蝶筆〉
紙本金地著色南蛮人渡来図〈狩野内膳筆/六曲屏風〉
紙本著色行く春図〈川合玉堂筆/六曲屏風〉
ページトップへ