金剛界八十一尊曼荼羅 こんごうかいはちじゅういっそんまんだら

絵画 / 鎌倉 / 日本 

日本
鎌倉時代
絹本着色
縦216.0㎝ 横209.8㎝
一幅
東京都港区南青山6-5-1
根津美術館
重要文化財

『金剛頂経(こんごうちょうきょう)』が説く金剛界九会(くえ)曼荼羅の中心をなす成身会(じょうじんね)のみを一図に表し、周囲の賢劫(けんごう)十六尊と四天王を併せ、八十一の諸尊で構成する曼荼羅。9世紀に入唐した天台僧円仁(えんにん)が将来した祖本を鎌倉時代に転写したもので、近江・金剛輪寺灌頂堂(かんじょうどう)に伝わっていたことが知られる。本図に描かれた諸尊は、面長の面部に表された厳しい目鼻立ち、細く引き締まったプロポーション、そして肉身や着衣に強い隈取りを施す点に特徴があり、唐風を色濃くとどめる作風として注目される。

作品所在地の地図

関連リンク

金剛界八十一尊曼荼羅チェックした作品をもとに関連する作品を探す

愛染曼陀羅
金剛界成身会曼荼羅
両界曼荼羅・倶利迦羅龍剣二童子像
大日如来像
両界曼荼羅図
ページトップへ