多智花家住宅主屋 たちばなけじゅうたくしゅおく

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 昭和以降 / 中国・四国 

徳島県
昭和前/1932
木造2階建、瓦葺、建築面積231㎡、庭門及び袖塀付
1棟
徳島県鳴門市撫養町斎田字浜端105-3
登録年月日:20051226
登録有形文化財(建造物)

市中心部の西方に位置する。桁行12m,梁間8.9m規模の入母屋造,本瓦葺で,外装竪板張とする。南北棟の主体部の東側には,妻壁に黒漆喰を塗り込めた入母屋造の玄関を張り出し,庭門及び袖塀を付ける。たちが高く大棟に鳥衾が載る豪壮な構えの住宅建築。

作品所在地の地図

関連リンク

多智花家住宅主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

花乃春酒造精米蔵
多智花家住宅土蔵
花乃春酒造仕込蔵
多智花家住宅正門
森松家住宅主屋
ページトップへ