星野家文書 ほしのけもんじょ

文書・書籍 / 江戸  明治  大正  昭和以降 / 関東 

東京都
江戸時代~昭和初期/1630年~1948年
冊子及び一紙文書、版木、印章
664点
東京都杉並区大宮一丁目20番8号
杉並区立郷土博物館内
杉並区指定
指定年月日:20120223
杉並区教育委員会
有形文化財(美術工芸品)

星野家文書は、現在、杉並区立郷土博物館に保存されており、各文書は1点ごとに中性紙の封筒に収められている。目録としては、分類編成別、年代順の2種類が作成されている。文書の保存状態は、一部に虫損及び水損がみられるが、比較的良好である。「武州井草村御地詰帳」については、昭和46年(1971)8月26日に東京大学史料編纂所文部技官中藤正次氏によって裏打ち修復が行われており、87枚のうち7枚が欠失している。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

星野家文書チェックした作品をもとに関連する作品を探す

島津家文書(一万五千百三十三通)
与謝野晶子自筆杉並区立桃井第二小学校校歌・関係資料
台明寺文書(百七十八通)
薩藩旧記雑録
高井戸東遺跡出土の旧石器(追加)
ページトップへ