名古屋大学医学部附属病院門及び外塀(旧愛知県立愛知病院通用門及び外塀) なごやだいがくいがくぶふぞくびょういんもんおよびそとべい(きゅうあいちけんりつあいちびょういんつうようもんおよびそとべい)

近代その他 / 大正 / 中部 

愛知県
大正/1912-1925/1930改修
門 石造門柱2基、間口7.4m、塀 煉瓦造、総延長55m
1基
愛知県名古屋市昭和区鶴舞町65
登録年月日:20071002
国立大学法人名古屋大学
登録有形文化財(建造物)

名古屋大学鶴舞キャンパス敷地の南東にある。門柱、塀とも煉瓦造で昭和5年にスクラッチタイルとテラコッタで改修された。タイルは釉薬が施され、高いデザイン感覚とともに材料品質もよい。テラコッタ装飾は立体的かつ幾何学的な意匠を示す。

作品所在地の地図

関連リンク

名古屋大学医学部附属病院門及び外塀(旧愛知県立愛知病院通用門及び外塀)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

名古屋大学医学部附属病院門及び外塀(旧愛知県立愛知病院正門及び外塀)
名古屋大学医学部附属病院門及び外塀(旧愛知県立医学専門学校正門及び外塀)
鈴木家住宅門及び外塀
お茶の水女子大学表門
髙島家住宅門及び塀
ページトップへ