真宗本廟東本願寺阿弥陀堂 しんしゅうほんびょうひがしほんがんじあみだどう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 明治 / 近畿 

京都府
明治/1895
木造平屋建、瓦葺、建築面積1987㎡
1棟
京都府京都市下京区烏丸通七条上る二丁目常葉町754
登録年月日:20020625
宗教法人真宗大谷派
登録有形文化財(建造物)

御影堂南に並んで東面して建つ。単層,入母屋造,本瓦葺,組物は側柱上が四手先,入側柱上は三手先とし,平面は真宗本堂の典型を持つ。御影堂に比して格段に複雑な組物を備え内陣回りは全面金箔押しで荘厳を極める。御影堂とともに寺観構成上欠かせない建物。

作品所在地の地図

関連リンク

真宗本廟東本願寺阿弥陀堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

真宗本廟東本願寺御影堂
真宗本廟東本願寺阿弥陀堂門
真宗本廟東本願寺大寝殿
真宗本廟東本願寺御影堂門北側築地塀
真宗本廟東本願寺御影堂門
ページトップへ