平安神宮東門及び東外廻廊 へいあんじんぐうひがしもんおよびひがしそとかいろう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 昭和以降 / 近畿 

京都府
昭和前/1940
木造平屋建、瓦葺、建築面積296㎡
1棟
京都府京都市左京区岡崎西天王町97
登録年月日:20020821
宗教法人平安神宮
登録有形文化財(建造物)

南歩廊から神門翼廊までを矩折れに結び,南内庭の東側を区切る。中程には宣政門とも称する東門を開く。門は切妻造,本瓦葺,二軒半繁垂木の切妻造。廻廊は単廊式で本瓦葺,総延長約50mに達する。丹塗と緑の連子窓の組合せが,境内景観を特徴付けている。

作品所在地の地図

関連リンク

平安神宮東門及び東外廻廊チェックした作品をもとに関連する作品を探す

平安神宮西門及び西外廻廊
平安神宮南歩廊
平安神宮神門翼廊
平安神宮神楽殿
今宮神社疫神社渡廊・門・廻廊
ページトップへ