花鳥図屏風 かちょうずびょうぶ

その他の画像全4枚中4枚表示

絵画  日本画 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

江戸時代/17世紀後半頃
絹本着色 六曲屏風装
竪171.2cm 横252cm
1隻
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
財団法人鍋島報效会

作者、伝来ともに不詳。金雲の縁に下地として胡粉を塗る点、水墨の輪郭線をもつ狩野派的な岩、桜の樹幹の立体的な質感描写などは17世紀初期的な特徴を継承している。一方図の構成には奥行感が乏しく菖蒲や鷺の形態には琳派を連想する平明な装飾性が加味されていることなどから、17世紀後半以降の作と思われる。

作品所在地の地図

関連リンク

花鳥図屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

吉野山図屏風
西湖図屏風
西湖図屏風

広渡雪山

鍋島直正公御実歴一百図
泰西風俗図屏風
月渚宿雁図
ページトップへ