黒漆塗裏白南天譲葉蒔絵食籠 くろうるしぬり うらじろなんてんゆずりはまきえじきろう

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸  漆工 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

江戸時代後期/19世紀
木製 漆塗 蒔絵 円形 印籠蓋造 撥形高台
高42cm 口径47cm 底径36cm
2合
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
財団法人鍋島報效会

食籠は中に食べ物を収める容器で、贈答用品や座敷の棚飾りにも用いる。佐賀藩主鍋島家に伝来したもので、高さ・口径ともに40cmを超え、大名家の調度にふさわしい大型の食器である。器表は黒漆塗、内側は朱漆塗で、全体に裏白・南天・譲葉の模様を金や青金の平蒔絵で表し、南天の実には朱漆を用いている。葉裏が白い常緑の裏白や、新葉が成長してから古い葉が落ちる譲葉は、お正月の鏡餅飾りにも用いられ、長寿長命や潔白、家系の永続などおめでたい意味を持つ。また、南天はせき止めの薬や染料の原料として重宝されるが、江戸時代には「難転」とも書かれ、難を転じるという縁起のよい意味を持つ。これらの模様が大胆に散らされた、吉祥性に満ちた食籠である。

作品所在地の地図

関連リンク

黒漆塗裏白南天譲葉蒔絵食籠チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒漆塗杏葉紋散柄鏡箱
南天に雀蒔絵印籠
黒漆塗花杏葉紋桐唐草蒔絵飯櫃・杓子
黒漆塗雪薄竹に雀紋桜枝散蒔絵厨子棚
黒漆塗花枝円文蒔絵五段重
ページトップへ