曵舟 ひきふめ

絵画  日本画 / 明治 / 日本 

浅井忠 (1856-1907年)
あさいちゅう
1902~7年頃
絹本,墨画淡彩
26.5 x 42.7cm,42.9 x 59.1cm

  江戸木挽町に佐倉藩士の子として生れる。はじめ南画家について花鳥画を学ぶ。英学、漢学を修めた後1876年洋画塾彰技堂に入り、同年設立の工部美術学校に入学し、フォンタネージに師事した。フォンタネージの帰国後、後任の教授への不満から退学し、十一字会を結成し洋画研究を継続する。浅井はこの時期フォンタネージから学んだ詩的自然主義を展開させていた。1989年「明治美術会」の創立に参加し、第1回展での作品には独自のリアリズムが表れている。1900年から2年間西洋画研究のためフランス留学を命ぜられ、ヴェルサイユ、グレーなどで多数の作品を制作している。この時期の作風は、水彩画に印象派への接近が見られる。帰国後京都高等工芸学校に任じ京都に移って、1903年聖護院美術研究所(1906年より関西美術院)を創立して後進の指導にあたった。

作品所在地の地図

関連リンク

曵舟チェックした作品をもとに関連する作品を探す

八王子付近の街
舞妓〈黒田清輝筆/油絵 麻布〉
大原女
大原女

浅井忠

紙本著色近江八景図〈今村紫紅筆/〉
紙本著色熱国の巻〈今村紫紅筆/〉
ページトップへ