龍雲院 本堂 りゅううんいん ほんどう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 江戸 / 北海道 

北海道
江戸末期/1842
桁行16.7m、梁間15.1m、一重、入母屋造、向拝一間、桟瓦葺、
西側面仏壇、背面開山堂及び庇附属
1棟
北海道松前郡松前町字松城
重文指定年月日:19920121
国宝指定年月日:
龍雲院
重要文化財

龍雲院は、松前町の寺町にあり、寛永二年に藩主の正室の発願によって創建された。
 本堂は、新潟県柏崎の大工によって建築された、各部に優れた彫刻を用いた建物である。庫裏は、地元の大工によって建築された、本格的な座敷をもつ建物で、住宅建築としても北海道では古い遺構で、貴重な存在である。
 龍雲院は、本堂、庫裏と同じ江戸時代末期に建築された惣門、鐘楼、土蔵がそろい、寺域全体が往時の景観をよくとどめていて価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

龍雲院 本堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

龍雲院 惣門
龍雲院 鐘楼
龍雲院 庫裏
龍雲院 土蔵
大安寺 本堂
ページトップへ