旧村山家住宅 書院棟 きゅうむらやまけじゅうたく しょいんとう

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 大正 / 近畿 

兵庫県
大正/1918
木造、建築面積344.38平方メートル、3階建、一部地下1階、入母屋造及び寄棟造、桟瓦葺及び銅板葺、南東面渡廊下附属、桟瓦葺
1棟
兵庫県神戸市東灘区御影郡家二丁目12番1号
重文指定年月日:20110620
国宝指定年月日:
重要文化財

 旧村山家住宅は、朝日新聞社を創業した村山龍平の自邸で、六甲山南麓の広大な敷地に洋館や書院棟などを配置している。
 洋館は明治41年の上棟で、外観をハーフ・ティンバー式とし、内部は様々な洋風意匠を融和させて華やかに飾る。書院棟は大正7年上棟の大型和風建築で、三階を望楼とするなど複雑な立面構成をもち、内部には広大かつ優美な意匠の大広間を備える。また茶室棟は明治44年上棟の茶室玄庵を中心とした瀟洒な建築である。
 旧村山家住宅は、阪神間に展開した邸宅群の先駆をなした大規模住宅で、優れた意匠をもつ洋館と、書院棟、茶室棟などの和風建築が一体的かつ極めて良好に保存されており、高い価値が認められる。

作品所在地の地図

関連リンク

旧村山家住宅 書院棟チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧村山家住宅 美術蔵
旧村山家住宅 玄関棟
旧村山家住宅 衣装蔵
旧村山家住宅 茶室棟
旧村山家住宅 洋館
ページトップへ