三角縁神獣鏡 さんかくえんしんじゅうきょう

考古資料  金属製品類 / 古墳 / 日本  中部  愛知県 

古墳時代前期
青銅製
径22.3cm
1面
愛知県東海市名和町 兜山古墳
愛知県指定文化財

兜山古墳から明治13年(1880)に出土したとされる鏡は、長らく所在不明であったが、出土当時に残された模写図が決め手となり、この鏡がそれにあたることが判明した。鏡縁の断面が三角形をなす、いわゆる三角縁神獣鏡のうち、本鏡は中国からもたらされた鏡を手本として、わが国で作られた鏡である。一神一獣を交互に配置した三神三獣を、内区の主文様としている。

作品所在地の地図

関連リンク

三角縁神獣鏡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三角縁神獣鏡
三角縁神獣鏡
画文帯仏獣鏡(求心式四仏四獣鏡)
奈良県佐味田宝塚古墳等出土品
三角縁神獣鏡
ページトップへ