後拾遺和歌抄〈上下/〉 ごしゅういわかしょう

 / 鎌倉 / 近畿 

鎌倉
1帖
重文指定年月日:19840606
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人冷泉家時雨亭文庫
国宝・重要文化財(美術品)

 『後拾遺和歌抄』(二十巻)は、白河天皇の勅命で藤原通俊が応徳三年(一〇八六)に撰進した勅撰和歌集で、本帖はその鎌倉時代前期の書写本である。
 体裁は粘葉装であるが、糊離れのため現在は紫糸で仮り綴じとされている。本文は斐紙に四周押界を施して書かれ、首に仮名序を付し、半葉十一~十三行あて、和歌は一首一行書き、詞書は一字下げに書写されている。本文中には本文と別筆で和歌の追記書き入れや、人名や語句等の勘物書き入れがあり、各巻首上部余白に所収歌数記入があり、和歌のうちには歌題を朱書したものもある。帖末には本文と同筆で「長承三年十一月十九日以 故礼部納言自筆本 書留了」云々の本奥書があり、本帖は撰者藤原通俊が撰進後の寛治元年(一〇八七)に校訂した自筆本の系統に属すことを明らかにしている。またこの奥書の前後には藤原為家が出家後、子息為相に本帖を譲与する旨の譲与奥書が記されている。本帖は冷泉家に伝来したもので、『後拾遺和歌抄』の現存最古写本として国文学史上に貴重な遺品である。

関連リンク

後拾遺和歌抄〈上下/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

続後撰和歌集〈上下/藤原為家筆〉
仲文集〈藤原定家筆/〉
和歌初学抄〈藤原為家筆/〉
五代簡要(万葉集等詞抜書)
後撰和歌集〈藤原定家筆/〉
ページトップへ