太刀 銘 長光 名物 津田遠江長光 たち めい ながみつ

工芸  金工 / 鎌倉 / 日本 

鎌倉/13世紀
身長72.4 中心長21.5
一口
国宝

長光は長船派の祖、光忠の子で、長船派二代を継ぎ、技量は父に迫るものがあるといわれる。この太刀は姿がよく、地、刃ともに優れた作行きである。とくに中ほどから上は大房丁字の乱れが華やかで、見事な刃文の中でも特に見どころとなっている。もと織田信長の佩刀であったが、本能寺の変の際に明智光秀が安土城より奪い、家老津田遠江守重久に渡り、のち前田利長、五代将軍綱吉へと移り、さらに、宝来六年(一七〇九)に六代将軍家宣より四代吉通が拝領した。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀 銘 長光 名物 津田遠江長光チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀  銘 光忠
太刀〈銘長光(名物遠江長光)/〉
太刀 銘長光
太刀〈銘光忠/〉
太刀  銘 長光
ページトップへ