大鳥神社楼門 おおとりじんじゃろうもん

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 大正 / 近畿 

滋賀県
大正/1919
木造楼門、檜皮葺、建築面積27㎡、左右透塀延長77m付
1棟
滋賀県甲賀市甲賀町鳥居野782
登録年月日:20020625
宗教法人大鳥神社
登録有形文化財(建造物)

三間一戸,切妻造の楼門で,左右折れ廻りに透塀を廻し境内を区切る。腰組は三手先,上層は出三斗とし,中備は蟇股,間斗束,妻は二重虹梁蟇股である。柱の隅延び,垂木・桁の反増し等中世の技法を忠実に踏襲した優美な意匠となる。設計は京都府技師亀岡末吉。

作品所在地の地図

関連リンク

大鳥神社楼門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大鳥神社祝詞殿(中門)
今宮神社楼門
大鳥神社拝殿
今宮神社楼門東廻廊
今宮神社楼門西廻廊
ページトップへ