会津大塚山古墳出土品 あいづおおつかやまこふんしゅつどひん

その他の画像全9枚中9枚表示

考古資料 / 古墳 / 東北 

福島県
古墳
一括
会津若松市東栄町3-46
重文指定年月日:19770611
国宝指定年月日:
登録年月日:
会津若松市
国宝・重要文化財(美術品)

古墳は、会津若松市の東北方に位置する前方後円墳である。出土品は、南・北槨より三角縁神獣鏡をはじめ、変形獣文鏡、捩文鏡、靱、碧玉紡錘車、素環頭大刀【すかんとうだいとう】など古墳時代前期を特色づけるものである。出土品の内容から見て、東北地方の古墳として最も古く、また畿内文化の影響下にある優品である。

作品所在地の地図

関連リンク

会津大塚山古墳出土品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

肥後向野田古墳出土品
但馬城ノ山古墳出土品
尾張東之宮古墳出土品
京都府椿井大塚山古墳出土品
大塚山古墳
ページトップへ