銅矛/佐賀県三養基郡北茂安町検見谷遺跡出土 どうほこ

考古資料 / 弥生 / 九州 

佐賀県
弥生
12口
佐賀市城内1-15-23
重文指定年月日:19860606
国宝指定年月日:
登録年月日:
国(文化庁)
国宝・重要文化財(美術品)

 検見谷遺跡は佐賀平野の東部、背振山南麓に形成された洪積台地の西斜面に位置している。
 一二口の銅矛は、全体の形態をはじめ厚さ、耳、節帯の位置などに相違はあるが、全て中広形銅矛に属し、弥生時代後期の所産になるものと思われる。特に一〇口の身部には、鎬に対し約七〇度前後の方向で、幅二センチの間隔をもって綾杉状の研ぎ分けを施し装飾している。

作品所在地の地図

関連リンク

銅矛/佐賀県三養基郡北茂安町検見谷遺跡出土チェックした作品をもとに関連する作品を探す

島根県荒神谷遺跡出土品
佐賀県吉野ヶ里遺跡墳丘墓出土品
銅戈
佐賀県二塚山遺跡出土品
佐賀県柚比本村遺跡墳墓出土品
ページトップへ