三井石炭鉱業株式会社三池炭鉱宮原坑施設 第二竪坑櫓 みついせきたんこうぎょうかぶしきがいしゃみいけたんこうみやのはらこうしせつ だいにたてこうやぐら

近代その他 / 明治 / 九州 

福岡県
明治/1901
鋼製櫓、高さ21.33m、コンクリート造基礎部附属
1基
福岡県大牟田市宮原町一丁目86の3
重文指定年月日:19980501
国宝指定年月日:
大牟田市
重要文化財

この地で石炭を産出することは近世より知られていたが、近代に入って一度国有化され、その後三井に払い下げられた。宮原坑第二竪坑は明治34年(1901)、万田坑第二は明治41年(1908)の竣工で、いずれも石炭を送り出すための第一竪坑とは別に、人員の昇降などを主目的として作られたもので、櫓や巻き上げ機室、附帯設備などが残っている。

作品所在地の地図

関連リンク

三井石炭鉱業株式会社三池炭鉱宮原坑施設 第二竪坑櫓チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三井石炭鉱業株式会社三池炭鉱宮原坑施設 第二竪坑巻揚機室
三井石炭鉱業株式会社三池炭鉱旧万田坑施設 第二竪坑櫓
三井石炭鉱業株式会社三池炭鉱旧万田坑施設 安全燈室及び浴室
三井石炭鉱業株式会社三池炭鉱旧万田坑施設 山ノ神祭祀施設
三井石炭鉱業株式会社三池炭鉱旧万田坑施設 事務所
ページトップへ