福岡県平原方形周溝墓出土品 ふくおかけんひらばるほうけいしゅうこうぼしゅつどひん

考古資料 / 弥生 / 九州 

福岡県
弥生
一括
前原市大字井原916
重文指定年月日:19900629
国宝指定年月日:20060609
登録年月日:
国(文化庁)
国宝・重要文化財(美術品)

本件は、福岡県前原市に所在する史跡曽根遺跡群のうち、平原遺跡の一号墓にあたる方形周溝墓からの出土品一括である。
 本件は、この主体部から出土した銅鏡、玉類などの副葬品で構成され、周溝、土坑などからの出土品を附【つけたり】とする。銅鏡は墓壙内の四隅から破砕された状態で検出された。方格規矩鏡が三二面分、内行花文鏡が七面分、四〓鏡が一面ある。棺内からは朱と玉類が大量に見つかり、鉄素環頭大刀も一点出土した。これらの副葬品のうち、銅鏡は合計四〇面という、一遺構からの発見では他を凌駕した数量である。

作品所在地の地図

関連リンク

福岡県平原方形周溝墓出土品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

京都府椿井大塚山古墳出土品
福岡県峯遺跡十号甕棺出土品
筑前吉武遺跡出土品
京都府大風呂南一号墓出土品
北海道カリンバ遺跡墓坑出土品
ページトップへ