工業技術資料(日本工業大学収集) こうぎょうぎじゅつしりょう(にっぽんこうぎょうだいがくしゅうしゅう)

その他の画像全9枚中9枚表示

歴史資料 / 明治  大正  昭和以降 / 関東 

埼玉県
明治~昭和
178点
埼玉県南埼玉郡宮代町学園台4-1-1
重文指定年月日:
国宝指定年月日:
登録年月日:20080307
学校法人日本工業大学
登録有形文化財(美術品)

日本工業大学工業技術博物館開設にあわせ、系統的に収集された工作機械を中心とする工業技術関係のコレクション資料である。
 工作機械は、金属などの材料を切削加工し各種機械の部品を製造するもので(広義には塑性加工を行うものも含む)、「機械をつくる機械」あるいは「マザーマシン」とも言われ、工業機械のなかでも最も基礎的で重要な位置づけをもつ。工作機械の近代化は十八世紀末にイギリスのウィルキンソンの発明になる中ぐり盤やモーズレイが発明した旋盤に始まるとされるが、我が国では幕末に幕府や雄藩が主に造船・艦船修理用として輸入したことにより使用が開始された。その後、我が国の工作機械工業は長く輸入に依存し、輸入機の模倣の上にさらに独自性を発揮して技術水準を高めることができたのは、第二次世界大戦後のこととなる。高度経済成長以降は急速な技術革新が進むが、これに伴い近代産業を担った工作機械類も廃棄される事態が生じている。
 日本工業大学では、当該資料の散逸・滅失に対する危機意識から、我が国産業の発展に貢献した機械・機器等を収集し、昭和六十二年に開設された同学工業技術博物館内で保存・公開してきた。
公開にあたっては、技術史的に整理したうえで機種別・製作年代順別に配置するとともに、その多くを稼動可能な状態で公開する方針が採られている。その内容は、民間の工作機械メーカーとして草分けである池貝鉄工所、これに続く大隈鉄工所、新潟鉄工所の製造になる国産の工作機械や、我が国機械産業発達に貢献したイギリス・アメリカ・ドイツ製などの輸入の工作機械、加工精度を測定する計測器など、概ね明…

作品所在地の地図

関連リンク

工業技術資料(日本工業大学収集)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

竪削盤〈/一八五六年、オランダ製〉
スチームハンマー(旧横須賀製鉄所設置)〈/一八六五年、オランダ製〉
行田の足袋製造用具及び製品
ジェニー精紡機
ジェニー精紡機

ジェームズ・
ハーグリーブス

鹿児島県立鹿児島工業高等学校大煙突
ページトップへ