旧三笠ホテル みかさほてる

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 明治 / 中部 

長野県
明治/1905
木造、建築面積513.62m2、二階建、玄関ポーチ及び屋根八角塔屋付、
スレート葺
1棟
長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢字唐堀1339番342及び343
重文指定年月日:19800531
国宝指定年月日:
軽井沢町
重要文化財

実業家山本直良が旧軽井沢の奥に建設した木造の純洋風ホテルで、設計は岡田時太郎、土地の大工が施工し、万平ホテルの佐藤万平が監督した。
明治三十九年から戦中、戦後の中断期を除いて昭和四十五年まで営業された。西翼に多角形の張出しや塔屋を設けて左右対称を破った全体の構成や、持送りを付けた軒など、優れた外観をもつ。 内部はロビーの雑作が優秀であるほか、煖炉、照明器具、衛生陶器などに古いものが残る。この種の建築にありがちな改造が僅かで、ほとんどが当初のままであるのは珍しい。

作品所在地の地図

関連リンク

旧三笠ホテルチェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧田中角榮家別荘
明治四十四年館(旧軽井沢郵便局舎)
旧ハミルトンアンドハード軽井沢コテージ
旧ジョルゲンセン邸
旧彌永家別荘
ページトップへ