隠岐の田楽と庭の舞 おきのでんがくとにわのまい

その他の画像全2枚中2枚表示

無形民俗文化財 / 中国・四国 

島根県
指定年月日:19920311
保護団体名:隠岐の田楽と庭の舞保存連合会 美田八幡宮田楽保存会(美田),日吉神社庭の舞保存会(浦郷)
備考:
重要無形民俗文化財

 島根県隠岐の島には、重要無形民俗文化財「隠岐国分寺蓮華会舞【れんげえまい】」(昭和五十二年五月十七日指定)はじめ古風をとどめた芸能が伝承されているが、これもその一つであり、島前の西ノ島に伝わるものである。
 美田八幡宮の祭礼と日吉神社の祭礼は、西ノ島町のほぼ同一地域に隔年で行われ、両祭礼では内容の類似した芸能が上演されている。美田八幡宮の方では『田楽』の名称のもとに「神の相撲」「獅子舞」「田楽躍」が、また日吉神社の方では『庭の舞』の名称のもとに「庭の舞」「神の相撲」「田楽躍」が、それぞれ奉納されている。
 今回は、これら田楽躍、庭の舞、神の相撲および獅子舞を以下の理由により指定するものである。
 美田八幡宮の『田楽』
 西ノ島町美田尻【みたじり】に鎮座する美田八幡宮の『田楽』は、種々の文献や当社に所蔵されている棟札【むなふだ】の記載内容から、室町時代末期にはすでに行われていたものと考えられる。
 八幡宮で行われる祭礼は、美田郷全体の祭りとして郷内の七里(美田尻、大津、大山、小向、船越、波止、一部)の氏子が、舞、囃子、舞台・楽屋作りその他の諸役を分担して執り行ってきた。八月の末に諸役の分担を決め、九月一日から十四日まで大津にある長福寺(美田八幡宮の別当寺)で練習を行い、十四日笠揃いと称して祭礼時と同様の衣装をつけ、長福寺の境内で獅子舞と田楽躍の試演を行う。九月十五日の祭礼当日は、朝、一同八幡宮に参集し、舞台や楽屋作りを行い、祭典の後、舞台上で、「神の相撲」「獅子舞」「田楽躍」を順次執り行う。当地ではこれらの芸能を総称して、『田楽』または十…

作品所在地の地図

関連リンク

隠岐の田楽と庭の舞チェックした作品をもとに関連する作品を探す

美田八幡宮の田楽
日吉神社の庭の舞
鳳来寺田楽
那智の田楽
御宝殿の稚児田楽・風流
ページトップへ