掛川城御殿 かけがわじょうごてん

その他の画像全8枚中8枚表示

住居建築 / 江戸 / 中部 

静岡県
江戸末期/1855広間・書院部、1861小書院部、1860諸役所部
広間・書院部 式台、広間(床付)、中番屋、御談ノ間、七畳半、
三ノ間、次ノ間、書院上ノ間(床・棚付)、御用部屋、
二ノ間及び入側
小書院部 小書院(…
1棟
静岡県掛川市掛川1142番地の1
重文指定年月日:19800126
国宝指定年月日:
掛川市
重要文化財

太田氏五万石の掛川城二の丸の御殿で、嘉永七年の地震で倒壊したあと再建された。城郭附属の御殿建築として、全国的にも数少い遺例であり、広間、書院の主要部だけでなく、小書院や諸役所までほゞ全体が残っているのは珍しい。

作品所在地の地図

関連リンク

掛川城御殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

高知城 懐徳館
成巽閣
那谷寺書院及び庫裏
小西朝陽館御殿
金刀比羅宮奥書院
ページトップへ