下長磯の式三番 しもながいそのしきさんばん

無形民俗文化財 / 関東 

選択年月日:19700608
保護団体名:下長磯三番叟保存会
備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 この芸能は、群馬県前橋市下長磯町の稲荷神社の祭のおり(四月十五日)に行なわれ、能の式三番の様式を人形によって表現するものである。
 通称「三番あやつり」などとも呼ばれ、本流となる舞台芸能である能の翁芸が地方民間化したもの、特にそれが人形化したものである点、芸能史的にもきわめて貴重なものである。
 人形は二人遣いで演じられ、まず千歳(千代)が面箱を捧げて登場し、次いで翁が白尉面をつけて舞い(「ひげそりの舞」とも)、続いて三番叟が舞う(「三番舞」とも)。
 三番叟の舞には、引足・なめ足・袖ふり・蛙またなど、その舞型が細かく踏襲されており、「揉みの段」「鈴の段」あるいは「種卸」などの所作には、素朴ながら妙味のある演技法が伝わっている。
 また、謡・囃子も形式は能に習っており、人形の式三番として地方的にも特色あるものである。

関連リンク

下長磯の式三番チェックした作品をもとに関連する作品を探す

閏戸の式三番
水海の田楽能舞
古実式三番
加茂の三番叟と花踊
一色の翁舞
ページトップへ