兵庫県の酒造習俗 ひょうごけんのしゅぞうしゅうぞく

その他の画像全4枚中4枚表示

無形民俗文化財 / 近畿 

選択年月日:19680301
保護団体名:特定せず
備考:記録:『灘の酒つくり』(西宮市教育委員会・平成4年3月)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

この習俗は、兵庫県の特に灘と呼ばれる地域に伝承されてきた酒造りに関する習俗である。この地域の酒造の発展の背景には、良質な酒米を確保できること、市場へ直結する港湾があること、丹波から優れた杜氏を招くことができたことなどがあげられる。我が国の酒造りを考える上で注目されるものである。(※解説は選択当時のものをもとにしています)

関連リンク

兵庫県の酒造習俗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

南部の酒造習俗
七尾の酒造習俗
土佐の焼畑習俗
芭蕉布の紡織習俗
北上山地の畑作習俗
ページトップへ