大村の沖田踊 おおむらのおきたおどり

無形民俗文化財 / 九州 

選択年月日:19801212
保護団体名:沖田踊保存会
備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 文明十二年(一四八〇)有馬貴純に追われた大村純伊【すみこれ】が七年余の流浪の後帰城した祝いに寿古踊、黒丸踊とともに沖田踊が踊られたと伝えられている。その後も八年目毎に、この三つの踊りを城内で踊ったといわれる。現在も三年に一度、大村祭り(十一月三日)に、また公共の祝事にさいし踊られている。
 この踊りは道囃子、入端【いりは】、本踊、出端【では】からなり、踊り子(小刀、大刀【なぎなた】)、締太鼓、鉦鼓、笛、歌い手、笠鉾、旗、踊り子、付添で構成され、付添以外は男子である。踊り子の小刀は小学校高学年生、大刀は中高校生で他は大人である。道行で踊り場に入り、内円に小刀、外円に大刀が向い合って二重の円陣を作る。踊りは、小刀と大刀が打ち合わして締太鼓、笛、鉦の囃子と古風な歌につれて、振り美しく踊られる。風流踊りの一つとして、地方的特色の顕著なものである。

関連リンク

大村の沖田踊チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大村の寿古踊
黒丸踊
大瀬の太鼓踊
越路の雨乞踊
西祖谷の神代踊
ページトップへ