吉原の岩戸神楽 よしはらのいわとかぐら

その他の画像全3枚中3枚表示

無形民俗文化財 / 九州 

選択年月日:19761225
保護団体名:吉原岩戸神楽保存会
備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

九月十三日の両神社、同月二十日の吉原大神宮の各祭礼に演じられる神楽である。大太鼓、小太鼓、伏鉦、笛の囃子で、三十三番の神楽が上演され、九人立、五人立、四人立、三人立、二人立、一人立などがある。曲目には、五方礼始、旋神【ずいじん】、五穀舞、神逐【かみみらい】、八雲払、誓約、綱母【つなはは】、庭火、柴曳、荒神、返拝、武者、神使【かみつかい】、綱武【つなたけ】、天皇遣【てんこうけん】、降臨、綱口【つなのくち】、柴入、手散米【てさんまい】、華、岩戸舞、劔【つるぎ】、魔払、地割、平国【つなのくも】、天注連【てんのしめ】、乱始、太平楽、舞人、神開【かみびらき】、貴見城、岩戸開、大神【だいじん】がある。

関連リンク

吉原の岩戸神楽チェックした作品をもとに関連する作品を探す

中江の岩戸神楽
米良神楽
長野岩戸神楽
御嶽神楽
鷲宮催馬楽神楽
ページトップへ