高岡の小豆焼き行事 たかおかのあずきやきぎょうじ

その他の画像全2枚中2枚表示

無形民俗文化財 / 中部 

選択年月日:19961128
保護団体名:高岡区
備考:公開日:毎年1月15日(※選択当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などにご確認ください)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

この行事は、年頭にあたり小豆の焼け具合などで、その年の天候や農作物の豊凶などを占う行事であり、小正月の火祭りに引き続いて行われる。各役割を決めた後、囲炉裏でカワラケを加熱し、唱え言を唱えながら小豆を1粒ずつ入れる。焼けた小豆の動き等で、組内や世の中、稲・豆類・雑穀・蚕などの作柄を占い、記録係が結果を記録する。最後に酒宴となり、今年の当番から翌年の当番に頭渡しが行われる。(※解説は選択当時のものをもとにしています)

関連リンク

高岡の小豆焼き行事チェックした作品をもとに関連する作品を探す

小畑のおためし
似鳥のサイトギ
大原八幡宮の米占い行事
ヘトマト
加茂神社のオイケモノ
ページトップへ