阿仁地方の万灯火 あにちほうのまとび

その他の画像全3枚中3枚表示

無形民俗文化財 / 東北 

選定年月日:20050221
保護団体名:特定せず
備考:公開日:毎年春彼岸の中日(※選択当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などにご確認ください)
記録:『阿仁地方の万灯…
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 この行事は、秋田県の旧合川町や上小阿仁村を中心とする阿仁地方で行われてきた、春彼岸の中日に墓前やむらはずれなどで火を焚く行事である。中学生くらいまでの子どもたちを中心に行われ、近年では集落名や中日、彼岸などの文字を表したりしている。マトビは、ここで焚かれる火のことであり、祖霊を迎え送るものであると伝承されているだけでなく、火伏せの信仰や作物の豊凶を占う性格もうかがわれる。
 春の彼岸に火を焚く行事は全国的にも類例が少なく、秋田県以外では山形県や新潟県などに存在が知られている程度であり、我が国の祖霊祭祀の変遷を知る上で注目されるものである。(※解説は選択当時のものをもとにしています)

関連リンク

阿仁地方の万灯火チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大畑のからかさ万灯
尾張・三河の花のとう
象潟の盆小屋行事
若神子のほうとう祭
越中の田の神行事
ページトップへ