豊国祭礼図屏風 ほうこくさいれいずびょうぶ

その他の画像全4枚中4枚表示

絵画  日本画 / 江戸 / 日本 

伝岩佐又兵衛
いわさまたべえ
江戸/17世紀
各 縦166.7 横345.0
六曲一双
重文

 豊国祭礼は、豊臣秀吉七回忌を記念して慶長九年(一六〇四)八月に行われた祭典である。向かって右隻には豊国神社社頭における田楽猿楽の奉納、騎馬行列が、左隻には方広寺大仏殿を背景に、上京・下京の町衆が華美ないでたちで豊国踊に熱中するさまが描かれる。一双で千人近い人物が華麗な彩色と力強い筆致で、しかも細密に描きだされており、これらの群衆が織りなすうねるような狂躁や熱気は、見る者を圧倒する。本図は岩佐又兵衛筆と伝承されるが、確証はない。高野山光明院、蜂須賀家と伝来し、昭和八年徳川美術館の所蔵となった。

作品所在地の地図

関連リンク

豊国祭礼図屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

南蛮屏風
南蛮屏風

狩野内膳筆

豊国祭礼・祇園観桜図屏風
紙本金地著色泰西王侯図〈/六曲屏風〉
洛中洛外図屏風
源氏物語図屏風
ページトップへ