旧三井芦別鉄道炭山川橋梁 きゅうみついあしべつてつどうたんざんがわきょうりょう

近代その他 / 昭和以降 / 北海道 

1945
鋼製6連桁橋及びコンクリート造2連アーチ橋
橋長94m、幅員3.8m、高さ32m
1基
北海道芦別市中の丘町・西芦別町
芦別市(商工観光課担当)
登録有形文化財

1943年、政府の石炭増産要請に応じた三井鉱山が、芦別鉱区拡大に伴う石炭運搬専用線の延長のため、資材不足の中、2年間に橋梁2基を建設。本橋梁は残存する唯一のもの。
緩やかなカーブを描く線路上には、ディーゼル機関車DD501と石炭専用貨車セキ3820が置かれ、往時の雰囲気を今に伝える。見学自由。

作品所在地の地図

関連リンク

旧三井芦別鉄道炭山川橋梁チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧三井芦別鉄道炭山川橋梁
吉田橋梁
天竜浜名湖鉄道二俣川橋梁
福井川橋梁
旧国鉄宮原線堀田橋梁
ページトップへ