釉下彩鯉図陶額 ゆうかさいこいずとうがく

陶磁 / 明治 / 東京都 

瓢池園
ひょうちえん
明治/1900頃
陶器
縦39.1㎝ 横56.0㎝
1枚
河原徳立愛蔵品

河原徳立が明治6年東京深川に設立した輸出用磁器の上絵付け工場、瓢池園の作品。瓢池園の作品は、「絹素に描くが如く高尚優美なる絵画を陶磁器に適用せん」つまり日本画のように繊細な絵付けを信条とし、国内外の博覧会で多くの賞を得た。その多くは上絵付けによるものであるが、この陶額は釉薬を施す前に絵付けする「釉下彩(ゆうかさい)」の技法で描かれている。1900年のパリ万国博覧会の会場写真に同様の作品がみられる。

作品所在地の地図

関連リンク

釉下彩鯉図陶額チェックした作品をもとに関連する作品を探す

墨絵山水図額
墨絵山水図額

瓢池園作

色絵芦鷺文額
色絵芦鷺文額

瓢池園

黄釉銹絵梅樹文大瓶〈宮川香山作/〉
信天翁の大鉢
信天翁の大鉢

ショワジール・ル・ロワ社

草白釉釉描加彩月下木乃葉ずく陶筥
ページトップへ