松前藩主松前家墓所 まつまえはんしゅまつまえけぼしょ

史跡 / 北海道 

北海道
松前郡松前町
指定年月日:19811121
管理団体名:松前町(昭58・10・6)
史跡名勝天然記念物

 松前藩主松前家墓所は、史跡福山城の北に続く寺町の一角にある松前家の菩堤寺法憧寺境内の北東隅にある。墓所は大きく2つの区画に分けることができる。一つは法憧寺本堂寄りの1区画で、西端に南面する正門を設けた東西に長いほぼ長方形をなしている。背後の一段高い所に初代武田信広・2代光広・3代義広・4代季広合葬墓、信広の養父蠣崎季繁以下の墓、5代松前慶広(松前藩主初代)墓等5基の墓を配し、その前面に、7代公広、8代氏広、9代高広、10代矩広、11代邦広、12代資広、13代道広、14代幸広、16代昌広、17代崇広、18代徳広、19代修広をはじめ、その室や直子等の墓36基と2基の燈籠がほぼ□の字形に並んでいて、この墓所の主区画をなしている。他の1区画は、主区画の東に接する南北に長いほぼ長方形をなし、南端に裏門を開いており、6代盛広、15代良広等の墓を正面にすえて、墓石数は12基を数える。2区画とも石段を造り、通路には切石を敷きつめている。
 墓は殆んどが五輪塔形式で、小は約70センチ、大は約140センチ、石造の屋形風覆屋におさめられているが、新しいものは、角石塔型・竿石柱型である。墓石は、古いものは青色をおびた凝灰岩であるが、新しいものは淡黒色の砂岩または花崗岩が用いられている。覆屋には木扉が造られ、扉・4壁には、経文等が彫刻されているが、扉は失われたものもある。埋葬形式は多くは仏式の土葬であったらしいが、18代徳広からは神式に変っている。
 この墓所が造られた年代は明らかでないが、慶長11年に福山城が完成し、元和5年、大館の町及び寺町を福山城城下に移した…

作品所在地の地図

関連リンク

松前藩主松前家墓所チェックした作品をもとに関連する作品を探す

萩藩主毛利家墓所
松前氏城跡<BR/> 福山城跡<BR/> 館城跡
大館跡
徳島藩主蜂須賀家墓所
土佐藩主山内家墓所
ページトップへ