瑞楽園 ずいらくえん

その他の画像全3枚中3枚表示

名勝 / 東北 

青森県
弘前市宮館
指定年月日:19790531
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 瑞楽園は、もと宮館地区の豪農対馬氏の所有であり、その命名も明治末年対馬氏によると伝える。現在は弘前市の所有である。
 邸宅の南側に広々と展開する枯山水庭である。建物前面を広くとり、飛石、礼拝石、手水鉢などを配し、奥に枯滝、枯池を設け、石橋を架している。背後は低い築山となり、庭の右手(西)寄りに鳥居があり、その奥に庭内を一巡する園路をめぐらす。南東部にやや高い築山を築き巨石を組み、その間に小亭を設け石塔を配す。西よりの築山に据える立石の背面に碑文があり「庭園由来」として大石武学流行之庭、明治23年高橋亭山が改庭工事に着手し、その後弟子の池田亭月が増庭完成したことを記す。
 津軽地方に伝承されているいわゆる武学流の形式による作庭の代表的なものである。

作品所在地の地図

関連リンク

瑞楽園チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金平成園(澤成園)
揚亀園
旧菊池氏庭園(弘前明の星幼稚園庭園)
清藤氏書院庭園
鳴海氏庭園
ページトップへ