東和町ゲンジボタル生息地 とうわちょうのげんじぼたるせいそくち

天然記念物 / 東北 

宮城県
登米市東和町
指定年月日:19790426
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 北上川の上流域の一支流である鱒淵川の清流約4キロにわたって、昔から多数のゲンジボタルが発生していたが、一時農薬等により減少した。しかし、昭和44年ホタル保存会が結成され、村民あげての保護運動により、現在ではホタルの発生最盛期である6月末から7月上旬には、非常に多数のゲンジボタルが発生し、ホタル合戦をみるまでに至っている。
 この川には、カワニナが1平方メートル当り50から60匹と多数生息し、またカジカや淡水産エビ類等が生息するなどその保存状態は、すこぶる良好であり、他の生息地と比較しても遜色はない。なお、現在は町指定天然記念物として保存されている。

作品所在地の地図

関連リンク

東和町ゲンジボタル生息地チェックした作品をもとに関連する作品を探す

美郷のホタルおよびその発生地
長岡のゲンジボタルおよびその発生地
岡崎ゲンジボタル発生地
息長ゲンジボタル発生地
沢辺ゲンジボタル発生地
ページトップへ