黒扇〈藤島武二筆/油絵 麻布〉 こくせん

絵画 / 明治 / 関東 

藤島武二
明治
1面
重文指定年月日:19690620
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人石橋財団
国宝・重要文化財(美術品)

藤島武二は、日本人には珍しいといわれるほどに油絵的体質に恵まれ、自己様式を力強く展開させていった巨匠である。若い頃は同郷の先輩である黒田清輝の指導と影響を受けたが、芸術的性格の相違を早くから自覚し、おのずから別の道を歩んでいる。このような彼の才能は約四年間にわたるヨーロッパ留学によって大きく開花し、彼の芸術の一つの峯を形成するにいたった。本図はこのような滞欧時代の秀作の一つとして、また彼が好んで画いた婦人像の代表作にあげられるもの。明快な明暗の構成や、多彩の対比、力強い筆触は彼の造型の優れた特質をよく示している。

関連リンク

黒扇〈藤島武二筆/油絵 麻布〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

天平の面影〈藤島武二筆/油絵 麻布〉
裸婦
裸婦

藤島武二

舞妓〈黒田清輝筆/油絵 麻布〉
紙本著色熱国の巻〈今村紫紅筆/〉
智・感・情〈黒田清輝筆 一八九九年/油絵 麻布〉
ページトップへ