紙本淡彩山野行楽図〈与謝蕪村筆/六曲屏風〉

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画 / 江戸 / 関東 

与謝蕪村
東京都
江戸
一双
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19720530
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

与謝蕪村(一七一六/享保元-一七八三/天明三)は、 いうまでもなく俳人でありかつ画家としても一流、日本南画の大成者として池大雅とともにならび称される。本屏風は画題不詳のまま秋山行旅図の名で広く親しまれていたが、今回、よりふさわしい山野行楽図と命名された。唐人物を題材としながら、蕪村特有の俳諧に通じる軽妙洒脱な趣致がみられる。製作年代としては、「謝寅」落款にうつる前の、おそらく安永期にはいっての作品であろう。

作品所在地の地図

関連リンク

紙本淡彩山野行楽図〈与謝蕪村筆/六曲屏風〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

与謝蕪村関係資料〈/寺村家伝来〉
紙本墨画淡彩富嶽列松図〈与謝蕪村筆/〉
紙本淡彩奥の細道図〈与謝蕪村筆/安永八年十月の款記がある〉
紙本墨画淡彩鳶鴉図〈与謝蕪村筆/〉
紙本淡彩山水図〈彭城百川筆/延亨四年の年記がある/六曲屏風〉
ページトップへ