甘泉寺のコウヤマキ かんせんじのこうやまき

天然記念物 / 中部 

愛知県
新城市
指定年月日:19720526
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

S45-5-138甘泉寺のコウヤマキ.txt: [[作手]つくて]高原の中央部、海抜約600メートルの甘泉寺境内、開山堂前にある。地上1.5メートルの幹の周囲6.25メートル、地際の根回り7.50メートル、樹高27.80メートル、地上約7メートルで分幹、さらに約7メートルで3分幹して計4幹となって直立している。樹上には、コケシノブ・ウチワゴケ・ノキシノブ・セッコク・ヤマハゼなどが着生している。
 コウヤマキは、日本特産の樹種であって、各地に植栽され、特に寺院境内には古木大木が多いが、甘泉寺のコウヤマキは、現在知られているもののうち最大のものと考えられる。コウヤマキの大木として指定されているものは、この1件だけである。

作品所在地の地図

関連リンク

甘泉寺のコウヤマキチェックした作品をもとに関連する作品を探す

祗劫寺のコウヤマキ
臥龍のサクラ
一位森八幡神社社叢
国分寺のコウヤマキ
八幡神社の大スギ
ページトップへ