狛坂磨崖仏 こまさかまがいぶつ

史跡 / 近畿 

滋賀県
栗東市荒張
指定年月日:19440626
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

舊狛坂寺の南境なる小丘の側面にあり稍傾斜して立てる高さ約二十一尺、幅約十五尺の花崗岩の北面に彌陀三尊竝化佛を半肉彫に刻せるものにして下部に格狹間を有する臺座あり中央に高さ約九尺の阿彌陀如來坐像あり左右に約7尺7寸の脇付菩薩立像を配し三尊佛其他の佛像を刻せり、彫法優麗にして藤原時代末期の作と認めらる。尚下方の東側に附屬して小形の三尊佛を刻せるものあり近畿地方に於ける磨崖佛として著名のものなり。

作品所在地の地図

関連リンク

狛坂磨崖仏チェックした作品をもとに関連する作品を探す

元箱根石仏群<BR/> 附 永仁三年在銘石造五輪塔・石造五輪塔・永仁四年在銘石造宝篋印塔
高瀬石仏
薬師堂石仏<BR/> 附 阿彌陀堂石仏
大谷磨崖仏
臼杵磨崖仏<BR/> 附 日吉塔、嘉応二年在銘五輪塔<BR/> 承安二年在銘五輪塔
ページトップへ