義仲寺境内 ぎちゅうじけいだい

社寺跡又は旧境内 / 近畿 

滋賀県
大津市馬場
指定年月日:19671120
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

S42-1-011[[義仲寺境内]ぎちゅうじけいだい](滋賀県大津市馬場一丁目).txt: [[源 義仲]みなもとのよしなか](木曾義仲)が、元暦元年(1184)1月、近江の粟津で敗死し、この地に葬られたと伝えられ、墓(木曾塚と称す)がつくられた。はじめ塚上に柿の木が植えられていたが、のち墓石を建てた者があり、ついで[[宝篋印塔]ほうきょういんとう]がすえられ、現在に至っている。義仲寺の沿革は[[詳]つまびら]かでないが、早くから一般に知られ、江戸時代の俳匠松尾[[芭蕉]ばしょう]も心ひかれてたびたびここを訪れ、滞在している。元禄7年(1694)10月12日、芭蕉が大阪で死ぬと、門弟等が遺言のとおり、義仲の墓のかたわらにその遺骸を葬った。寺は旧東海道に面し、義仲墓・芭蕉墓(自然石で、表に「芭蕉翁」裏に「元禄七甲戌十月十二日」と刻す)・[[無名庵]むみょうあん]・[[翁堂]おきなどう](芭蕉堂)・粟津文庫など義仲・芭蕉にちなんだものがある。寺域は広大ではないが、静寂の趣きをとどめ、湖畔における由緒ある史跡である。

作品所在地の地図

関連リンク

義仲寺境内チェックした作品をもとに関連する作品を探す

消息
消息

松尾芭蕉

鳴海眺望歌仙懐紙
鳴海眺望歌仙懐紙

松尾芭蕉他筆

多田院
青木昆陽墓
おくのほそ道の風景地<BR/> 草加松原<BR/> ガンマンガ淵(慈雲寺境内)<BR/> 八幡宮(那須神社境内)<BR/> 殺生石<BR/> 遊行柳(清水流るゝの柳)<BR/> 黒塚の岩屋<BR/> 武隈の松<BR/> つゝじが岡及び天神の御社<BR/> 木の下及び薬師堂<BR/> 壺碑(つぼの石ぶみ)<BR/> 興井<BR/> 末の松山<BR/> 籬が島<BR/> 金鶏山<BR/> 高館<BR/> さくら山<BR/> 本合海<BR/> 三崎(大師崎)<BR/> 象潟及び汐越<BR/> 親しらず<BR/> 有磯海<BR/> 那谷寺境内(奇石)<BR/> 道明が淵(山中の温泉)<BR/> けいの明神(氣比神宮境内)<BR/> 大垣船町川湊
ページトップへ