赤澤家住宅表門 あかざわけじゅうたくおもてもん

住居建築 / 明治 / 中部 

長野県
明治/1868-1911
木造、瓦葺、間口5.0m、潜戸及び左右袖塀付
1棟
長野県長野市松代町松代197-1
登録年月日:20071205
登録有形文化財(建造物)

旧武家町の通りに北面して建つ。1間薬医門、切妻造桟瓦葺、左右に袖塀を付け、西に潜戸をたてる。妻飾は男梁上に笈形付大瓶束を立て、破風拝みに鰭付蕪懸魚を付し、要所に絵様実肘木を用いるなど装飾性を高めている。上級武家屋敷の表門の格式を受け継ぐ遺構。

作品所在地の地図

関連リンク

赤澤家住宅表門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大光寺山門
光明寺山門
尾崎家住宅表門
藤田家住宅表門
旧大谷家住宅表門
ページトップへ