白水溜池堰堤水利施設 副堰堤 はくすいためいけえんていすいりしせつ ふくえんてい

近代その他 / 昭和以降 / 九州 

大分県
昭和/1938
主堰堤、副堰堤(導水暗渠付)、斜樋、土砂吐よりなる左右翼壁、
管理用階段附属
1基
大分県竹田市大字次倉、同萩町大字柏原
重文指定年月日:19990513
国宝指定年月日:
富士緒井路土地改良区
重要文化財

白水溜池堰堤水利施設は,大野川の上流,熊本県との県境近くに築造された溜池堰堤を中核とする農業水利施設である。用水路「富士緒井路」の水量不足を満たすために築造されたもので,昭和9年4月の起工,昭和13年3月の竣工である。工事関係者は,大分県農林技師の荒瀬長一,池田香久二らで,施工は鉄道工業株式会社である。
 昭和前期における越流式コンクリート重力ダムを中心とする農業水利施設の代表的な事例で,各構造物を地形に対応して的確に構築したことにより類い希な水流美を現出させており,技術上かつ造形上の価値が認められる。

作品所在地の地図

関連リンク

白水溜池堰堤水利施設 副堰堤チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白水溜池堰堤水利施設 主堰堤
江畑溜池堰堤
豊稔池堰堤
布引水源地水道施設 雌滝取水堰堤
常願寺川砂防施設 白岩堰堤
ページトップへ