旧崇元寺第一門及び石牆 そうげんじだいいちもんおよびせきしょう

宗教建築 / 室町 / 沖縄 

沖縄県
室町後期/1527以前
石造三連アーチ門、左右石牆延長66.3m、各脇門一所を含む
1棟
沖縄県那覇市泊一丁目9の1
重文指定年月日:19720515
国宝指定年月日:
重要文化財

崇元寺は一四七〇年頃に創立されたと伝えられる歴代王家の霊廟である。第一門と本堂が戰前指定されていたが、今次大戰で本堂は燒失し、第一門も被災したが第一門は一九五二年に復旧修理された。石造の三連アーチ門で左右に石牆が付きそれぞれ單アーチの脇門が設けられている。
意匠構造は簡單であるが重厚味があり、門と石牆を取り合わせたこの種の遺構としては他に例を見ない。沖縄地方特有の石造建造物を代表するに足る。

作品所在地の地図

関連リンク

旧崇元寺第一門及び石牆チェックした作品をもとに関連する作品を探す

園比屋武御嶽石門
玉陵 石牆 (2)
旧円覚寺放生橋
旧仲里間切蔵元石牆
玉陵 石牆 (1)
ページトップへ