大阪市中央公会堂 おおさかしちゅうおうこうかいどう

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 大正 / 近畿 

大阪府
大正/1918
鉄骨煉瓦造、建築面積2,164.17m2、三階建、地下一階、銅板葺、
一部スレート葺
1棟
大阪府大阪市北区中之島一丁目1番27号
重文指定年月日:20021216
国宝指定年月日:
大阪市
重要文化財

大阪市中央公会堂は,中之島地区の東端部にある。北浜で株式仲買商を営んでいた岩本栄之助の寄付によって,大正7年10月に竣工した。
 設計は,指名設計競技に一等当選した岡田信一郎の設計案をもとに,実施設計は辰野金吾,片岡安が中心となって進めた。
 構造は鉄骨煉瓦造,三階建,地下一階である。一,二階の吹き抜けの大集会室,三階の中集会室,特別室,小集会室などを中心に各室が配されている。
 大阪市中央公会堂は,ネオ・ルネッサンスを基調にバロック的な躍動感を加味した意匠で,我が国における様式建築の習熟の過程をよく示している。
 我が国の煉瓦を主体とした建築の到達点をかざる建築のひとつといえ,高い価値がある。

作品所在地の地図

関連リンク

大阪市中央公会堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

綿業会館
大阪府立図書館 本館
旧名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎
日本銀行本店本館
東京駅丸ノ内本屋
ページトップへ