備中松山城跡 びっちゅうまつやまじょうあと

その他の画像全3枚中3枚表示

城跡 / 中国・四国 

岡山県
高梁市内山下
指定年月日:19561107
管理団体名:高梁市(昭35・10・14)
史跡名勝天然記念物

仁治元年秋庭氏の創築にかかると伝えられる。鎌倉時代末より南北朝時代に高橋氏、高氏、秋庭氏これに據り、室町時代に入って秋庭氏に代って上野氏、荘氏、三村氏の居城となり、毛利氏三村氏を攻めてこれを収めた。関ヶ原役後小堀氏代官として鎭したが、元和3年池田氏ここに封ぜられ、爾後水谷氏、安藤氏、石川氏を経て延享元年板倉氏ここに入り、明治維新に至った。
高深地方は、山陽山陰を結ぶ咽喉部に位し、古来重視されたところであるが、松山城はこの地を貫流する高深川の左岸に臨んで高く聳える山上に営まれた山城である。山は臥牛山と称せられ、南北に長く独立状を呈していて、北端に大松山、中央に天神丸、南端に小松山の三峯があり、天神丸は標高487メートルの高さである。
大松山と天神丸とには、それぞれ削平された曲輪があり、中世において恐らく小松山をも合わせて広大な城塞が営まれていたことを示している。小松山は最も平野部に近く、為めに近世に入り、この城についてのみ改築を施し近世的な築城が行われたものと思われる。
南麓の居館跡より急坂を登れば下太鼓櫓、中太鼓櫓の出丸を過ぎて頂上部に近い大手門に達し、三の丸、厩の段、御膳棚等階段状に配列された諸郭を経て二の丸に到る。二の丸の奥に一段高く本丸があり、天守閣と二重櫓が現存する。本丸の背部に後曲輪があって城の背面を守る。背面は急な崖で、谷間に堀切を造って天神丸、大松山の地域と分っている。また、堀切は大松山の盡きるところにもあって、北端を守っている。門塁等すべて石垣を以て堅められ、大手、三の丸より仰ぎ見た石垣は偉観たるを失わない。
この構築の経…

作品所在地の地図

関連リンク

備中松山城跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松山城跡
広島城跡
大坂城跡
篠山城跡
丸亀城跡
ページトップへ