金家住宅 和館 こんけじゅうたく わかん

住居建築 / 昭和以降 / 東北 

秋田県
昭和/1928頃
木造、建築面積155.47㎡、二階建、鉄板葺、西面廊下附属、南面洋館に接続
1棟
秋田県北秋田市本城字館ノ下192番地
重文指定年月日:20081202
国宝指定年月日:
金靖志
重要文化財

 金家住宅は、昭和3年に竣工した2階建の洋館と和館が並び建ち、その後方に明治35年上棟の文庫蔵と大正2年上棟の米蔵が建つ。
 洋館は、大正期の郊外住宅などにみられる瀟洒な洋風住宅の意匠になり、また和館は、大小の接客空間をもち、洗練されたつくりとなっている。
 金家住宅は、好対照をなす和洋両館が、良好に保存されており、東北地方で数少ない大型の和洋並立住宅として価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

金家住宅 和館チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金家住宅 文庫蔵
金家住宅 米蔵
金家住宅 洋館
小玉家住宅 文庫蔵
小玉家住宅 主屋
ページトップへ