桃林堂板倉家住宅 とうりんどういたくらけじゅうたく

住居建築 / 江戸 / 近畿 

大阪府
江戸/1701-1800
木造平屋建,茅葺一部瓦葺,建築面積158㎡
1棟
大阪府八尾市東本町2-5-12
登録年月日:19990607
登録有形文化財(建造物)

代々河内木綿の問屋を営んだ旧家で、大正期に現家屋敷に移住したという。間口9間半、奥行4間の大型の民家。平面は右手5間分が土間で、居室部は整形4間取元であったものを土間境の広縁を居室に改造している。切妻茅葺屋根の高塀造になる民家の好例である。

作品所在地の地図

関連リンク

桃林堂板倉家住宅チェックした作品をもとに関連する作品を探す

辻家住宅主屋
井上良尚家住宅主屋
西井家住宅主屋
古川家住宅主屋
浅野家住宅主屋
ページトップへ