寶福寺秋葉宮石垣及び玉垣 ほうふくじあきばぐういしがきおよびたまがき

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 明治 / 中国・四国 

岡山県
明治/1868-1911
石垣 石造、総延長37m、玉垣 石造、総延長40m、石段及び石門付
1基
岡山県総社市井尻野2068-4
登録年月日:20090428
宗教法人寶福寺
登録有形文化財(建造物)

秋葉宮境内の南端を画し、境内地を造成。拝殿の南方に長い石段を設け、その両側に石垣を築く。石垣は総延長37m、高さ3.0mで、石段側を切石積、隅を算木積、他を野石乱積とし、上部に石製の玉垣を置く。石段は大きく3分され、途中に石門を構える。

作品所在地の地図

関連リンク

寶福寺秋葉宮石垣及び玉垣チェックした作品をもとに関連する作品を探す

寶福寺開山堂石垣及び土塀
寶福寺山門石垣及び土塀
寶福寺秋葉宮五社明神宮
明石寺石垣及び塀
明石寺石段及び石垣
ページトップへ